明治安田J2第33節第2日は22日、6試合を行い、FC岐阜はアウェーのケーズデンキスタジアム水戸で水戸に0―1で敗れ、2連敗。6勝6分け20敗の勝ち点24、最下位のまま。

 MF市丸が第25節、DF阿部は第28節以来の先発。立ち上がりから水戸のプレスに苦しみ、ボールを何度も失った。21分に阿部のパスがカットされると、そのままシュートに持ち込まれて先制を許した。

 風上に立った後半は、FW前田を起点にしたロングボールでゴール前に迫ったが、シュートまで持ち込めず。攻撃的な選手を投入し、終盤はパワープレーを仕掛けたが、最後までゴールが遠かった。

 北野監督...    
<記事全文を読む>