サッカーのJ1鹿島アントラーズのDF犬飼智也選手(26)が21日、鹿嶋市宮中のショッピングセンター「チェリオ」のジーコ広場でトークショーを行い、多くの市民やサポーターが詰め掛けた。イオンリテール主催。

チームは先日、連覇を狙ったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で敗退した。犬飼選手は「残りのタイトルを取ろうとみんなで話し合った。次の試合に悔しい思いをぶつけ、強さを見せられるように頑張る」と意気込んだ。

質問コーナーで参加者から苦手な選手を聞かれると、浦和レッズのFW興梠慎三選手を挙げ「全てにおいてレベルが高い。試合中は動きを観察されていて...    
<記事全文を読む>