何とか勝ち点1をもぎ取った。敗色濃厚だった仙台は試合終了間際に幸運なゴールが決まってドロー。辛島監督が「負けゲームだった」と振り返るほどの劣勢をしのぎ、最低限の結果を出した。同点弾を決めた北原は「今後の試合につながる」とうなずく。
 0-1の後半43分、左サイドの中央付近で得たFK。樫本はゴール前でなく、同サイドの敵陣深くに張った万屋にパスを出す。受けた万屋の左クロスを相手GKがジャンプしてキャッチを狙ったが、まさかの落球。背後にいた北原がすかさず右足で蹴り込んだ。「たまたまボールが転がった。決められて良かった」と笑顔で振り返る。
 伊賀には直近の公式戦2試合で共に...    
<記事全文を読む>