◆福島に「勇気を」、静岡へ「恩返し」

 六~七月の女子サッカーワールドカップ(W杯)では最年少で代表入りし、なでしこジャパンの新星として期待される遠藤純選手(19)=福島県白河市出身=は東日本大震災の影響で、中学と高校時代を静岡県東部で過ごした。福島を「勇気づける」ことと、静岡への「恩返し」を胸に、来年の東京五輪出場を目指している。

 前線でボールを奪うと、相手守備陣を一気に抜いて鋭いシュート。チームプレーに徹すれば機敏な動きで注意を引きつけ、味方の得点チャンスをつくり出す。スピードを生かした攻撃的なスタイルで、FWやMFと...    
<記事全文を読む>