北海道コンサドーレ札幌は3日間のオフを経て練習を再開した。右足首の捻挫で14日の仙台戦を欠場したDF進藤亮佑(23)は、一部別メニューで調整した。フィールドプレーヤーとしてクラブ最長の連続フル出場が61試合でストップ。28日の鹿島戦に照準を定め「また一からのスタート」と意気込んでいる。

 右足首の捻挫で仙台戦の出場を断念せざるを得なかった進藤は、ボール回しに参加後、黙々とダッシュとランニングを繰り返した。まだ痛みは残るというものの「鹿島戦は出なきゃいけない」と責任を口にする。

 記録が途絶えたが、表情は晴れやかだ。「一回休めたことをポジティブに捉えたい。精神的に...    
<記事全文を読む>