かつての師に、してやられた。仙台はJ1の貫禄を見せつけられず、元仙台の手倉森監督(青森県五戸町出身)が率いるJ2長崎の勢いに屈した。1度同点とした直後に突き放されては、渡辺監督も「サッカーに判定があったとしても長崎のゲームだった」と完敗を認めるしかなかった。
 相手の術中にはまった。直近の試合から先発10人を一気に入れ替えた長崎に対し、仙台は6人が引き続き先発。エネルギーと気迫を前面に出したハイプレスにビルドアップを封じられ、中盤にパスを入れても統率の取れた守備で絡め取られた。前半放ったシュートはわずか2本だった。
 椎橋は「圧倒的に(自分たちの)距離感が悪かった。...    
<記事全文を読む>