サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は18日、4回戦6試合を行い、J1ジュビロ磐田とJ1清水エスパルスがヤマハスタジアムで激突する。
 3年連続の8強入りを目指す磐田は、宿敵に勝って7戦勝ちなしのリーグ戦で調子を取り戻すきっかけにしたい。静岡ダービー4連勝中の清水は、5年ぶりの準々決勝進出を狙う。
 ホンダFC―浦和など2試合は25日に行う。

 ■磐田 攻撃陣の奮起に期待
 磐田は17日、ヤマハ大久保グラウンドで練習を行った。リーグ戦は7試合勝ちなしで最下位に沈み、復調の兆しが見えない。チームを浮上...    
<記事全文を読む>