アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、各地でホームアンドアウェー方式の準々決勝第2戦が行われ、前回王者の鹿島はカシマスタジアムで広州恒大(中国)と対戦する。キックオフは午後7時。

第1戦は高温多湿の敵地で0-0。守備ブロックを崩されることは少なく、相手のキーマンであるMFパウリーニョを三竿が抑えた。後半は空いたスペースを使った速攻を仕掛け、白崎は4本のシュートを放った。

三竿と白崎は14日のFC東京戦で負傷し、前日練習は不参加。ピッチ内で修正を施せる2人を欠く中、替わって入る選手の働きが重要となる。左MFは名古が起用される見込みで「試合運びを考え、頭を使...    
<記事全文を読む>