サッカー北信越リーグ1部は9月15日、最終節を迎える。首位の福井ユナイテッドFCは、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアムで2位のアルティスタ浅間(長野)と優勝を懸けた直接対決に臨む。望月一仁監督は「個の力に差はない。セカンドボールの奪い合いや攻守の切り替えの素早さが鍵を握る。最後は勝ちたい気持ちを相手より強く出せるかだ」と意気込む。

 両チームは現在、勝ち点37で並び、得失点差で福井ユナイテッドが20点上回り首位に立つ。最終節は引き分け以上で、前身のサウルコス福井を含め3年連続7度目のリーグ制覇が決まる。

 今季、2度あった直接対決は苦戦している。リーグ第7...    
<記事全文を読む>