◇明治安田J1第26節最終日(14日・カシマスタジアムほか=7試合)

 優勝の行方を占う一戦は2位の鹿島が首位FC東京に2-0で快勝し、勝ち点51で1差に迫った。横浜Mは広島に3-0で完勝し、3連勝で同48。川崎は最下位の磐田を2-0で退け、7試合ぶりの勝利で同44。広島に代わって4位に上がった。大分は2-1で湘南に、G大阪は1-0で鳥栖に競り勝ち、いずれも7試合ぶりの白星。仙台は札幌を破り、神戸はビジャのゴールなどで松本を下した。

 首位FC東京に勝ち点差1に肉薄する勝利を手にした鹿島の大岩監督の言葉に力がこもった。「勝つためのこだわりや執着心。押し込まれても...    
<記事全文を読む>