サッカーJ1の大分トリニータはリーグ第26節の14日午後6時から、大分市営陸上競技場で湘南と対戦する。大分は現在8位だが、6試合白星から遠ざかっている。攻守でハードワークが持ち味の湘南から勝ち点3を奪いたい。
 大分は本拠地の昭和電工ドーム大分がラグビーワールドカップ日本大会の試合会場になっており、湘南戦と第27節磐田戦は同競技場を使用する。普段と異なる環境になることが想定され、J1残留にはこの2試合は勝ちきることが必要になるため、12日は同競技場での練習を完全非公開に切り替えて戦術を合わせた。
 湘南は10位。曺貴裁監督がパワハラ行為の疑いがあるとして指導を控えて...    
<記事全文を読む>