十月にオーストラリア・ブリスベンである国際知的障害者スポーツ連盟の国際大会「グローバルゲームズ」のフットサル競技に、町田市の吉川圭祐選手(21)が日本代表として初出場する。海外での試合は初めてだが「優勝を目指したい」と意気込んでいる。

 (松村裕子)

 吉川選手は小学三年からサッカーを始め、都立永福学園時代には、全国知的障害特別支援学校高等部サッカー選手権大会で優勝。都選抜チーム入りも果たし、二〇一五年から全国障害者スポーツ大会で四連覇した。卒業後は町田市内の協和キリンプラスに勤め土・日曜は都選抜で、平日の二日間は健常者とともにサッカーやフットサルの練習をしている。今年二月の...    
<記事全文を読む>