J1仙台の兵藤慎剛(34)と中原彰吾(25)の両MFが、14日のアウェー札幌戦を心待ちにしている。2人とも今季、札幌から完全移籍で加入したが、出場機会が少ない。YBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)で4強入りを決めるなど好調な古巣との対決で、レギュラー獲得を狙い猛アピールする意向だ。
 11日、仙台市の紫山サッカー場での公開練習。紅白戦で兵藤が右サイドハーフ、中原がボランチに入ると、周囲と連係を取りながら積極的にボールを動かした。右サイドを巧みに崩してゴールも演出した。
 「周りの選手の動きを利用し、空いたスペースに出る持ち味を生かしたい」と兵藤。パスワークに定評があ...    
<記事全文を読む>