サッカーJ1川崎フロンターレは11日、DFジェジエウ(25)が右内転筋肉離れで全治6週間の見込みと診断されたと発表した。5日の練習中に負傷し、6日に川崎市内の病院で検査を受けていた。

 ブラジル出身で今季加入のジェジエウはリーグ戦15試合に先発出場。186センチの長身を生かした対人守備の強さでセンターバックに定着し、左膝靭帯損傷で4月下旬から戦列を離れている奈良竜樹(25)の穴を埋めていた。

...    
<記事全文を読む>