フットサルでイタリアのプロリーグを目指し、四月に現地でトライアウト(入団テスト)を受けた白山市出身の小寺淳平さん(29)が、セリエC1のチーム「レアル フィウミチーノ」に入団した。契約期間は一年。「外国人枠になる。“助っ人”ということを意識し、チームになじんで引っ張っていきたい」と意気込んでいる。

 星稜高校サッカー部出身の小寺さんは、身長一五九センチと小柄ながら、社会人になって始めたフットサルで北信越リーグ一部「ヴァルカン」(金沢市)の主力として活躍。サッカーを始めた幼いころからの憧れだった「欧州のプロ選手」を志し、勤務していた信用金庫を辞めてトラ...    
<記事全文を読む>