練習すればするほど上達する。今はそんな時代ではないらしい。仙台のU-15(15歳以下)チームは今季から公式戦の前日を休養に充てている。アカデミーダイレクターの河野篤さん(44)は「選手が100パーセントの状態で試合に臨むため」と意図を語る。
 U-15の練習開始は主に午後6時。公式戦は午前中に行われ、前日に練習すると疲労回復の時間が取れないという問題があった。「日本人の感覚では前日に体を動かさないと不安に感じる指導者も多いと思う」と河野さん。それでも、ベルギーのチームの事例を参考に試行したところ、選手のコンディション向上に効果が出たという。
 「成長期に大きな体をつ...    
<記事全文を読む>