サッカー日本代表のDF冨安健洋(20)=ボローニャ、福岡市出身=が3日、自身初のワールドカップ(W杯)予選での成長と活躍を誓った。5日の親善試合パラグアイ戦(カシマ)、10日の2022年W杯カタール大会アジア2次予選ミャンマー戦に向けた代表合宿に参加中。今夏に移籍したイタリアで高く評価されたプレーを代表にも還元し、ミャンマー戦でW杯への第一歩を力強く踏み出す決意を示した。DF植田直通(24)=セルクル・ブリュージュ、熊本県宇土市出身=は、古巣・鹿島の本拠地で行われるパラグアイ戦での出場を心待ちにした。

■吉田、植田らと定位置争い

 イタリアを驚かせた20歳が、今...    
<記事全文を読む>