サッカー、フットサルの日本代表として活躍した北沢豪さん(51)は、日本障がい者サッカー連盟の会長を連盟が設立された2016年から務めている。02年のサッカーのワールドカップ(W杯)日韓大会後に行われた、知的障害者の世界大会では日本チームのテクニカルアドバイザーに就いた。現役時代から障害者スポーツにかかわってきた北沢さんに20年東京パラリンピックへの思いを聞いた。

 (伊東朋子)

 -東京パラリンピックまであと1年に迫った。

 「東京五輪の1年前と同じくらい盛り上がることが理想だが、置かれてきた環境などが違い、差が出ている。スポーツの定義であるいつでも、どこでも、誰...    
<記事全文を読む>