明治安田J2第30節最終日(1日・栃木県グリーンスタジアムほか=3試合)水戸は栃木に3-0で快勝し、2試合ぶりの白星を挙げた。通算成績13勝12分け5敗、勝ち点51。5位に浮上し、J1自動昇格圏の2位横浜FCとの勝ち点差は1に縮まった。

水戸は前半8分、福満の2戦連続ゴールで先制。同18分には福満が獲得したPKを黒川が決めて追加点を奪った。後半は9分に小川がゴールを決めて、試合を決めた。

岡山は山口に2-1で競り勝ち、町田と千葉は1-1で引き分けた。

■水戸・小川 全てを懸けた

(U-22日本代表招集に)代表のことは考えず、この一戦に全てを...    
<記事全文を読む>