サッカーJ2・レノファ山口を応援するラッピング列車の運行が1日、始まった。2016年4月から3年間運行したオレンジ色主体のデザインに続く第2弾。本拠地の維新みらいふスタジアム(山口市維新公園)最寄り駅があるJR山口線を中心に走る。

同スタジアムでの公式戦に合わせて新山口駅(同市小郡下郷)で出発式があり、制作に携わったJR西日本、市の関係者がテープカット。レノファ山口の河村孝社長は「列車に乗ってスタジアムに足を運んでほしい」と呼び掛けた。

ユニホーム姿のサポーターも駆け付け、真新しいデザインの車両に早速乗車。チームのマスコットキャラクター「レノ丸...    
<記事全文を読む>