サッカーの第43回全日本大学トーナメントは1日、兵庫県三木市のみきぼうパークひょうご第1球技場などで2回戦8試合があり、3年連続35度目の出場となる福岡大(九州1)が駒大(関東3)を1-0で破り、4年ぶりのベスト8に進んだ。鹿屋体大(九州2)はびわこ成蹊スポーツ大(関西1)に0-1で敗れた。福岡大は3日の準々決勝で関大(関西2)と対戦する。

 パワーと高さに定評がある駒大対策で、乾真寛監督は身長188センチのFW大崎舜(大津)をスタメン起用。今大会初起用の1年生が前半14分に決勝ゴールを決め、守備も5バックで固めての逃げ切り勝利。「駒大用の戦いに徹した」としてやったりの表情...    
<記事全文を読む>