サッカーJ1横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(21)=横浜市出身=とMF渡辺皓太(20)=川崎市出身=が9月2日から11日まで、2020年東京五輪を目指すU―22(22歳以下)日本代表の北中米遠征に参加する。五輪本番まで1年を切り、選手選考もいよいよ本格化。ともに生き残りを懸けて「限られたチャンスの中でインパクトを残したい」(遠藤)と強い覚悟で臨む。

 遠藤は3月のU―23アジア選手権予選(ミャンマー)以来の代表招集となる。昨年のアジア大会(インドネシア)で日本の銀メダル獲得に貢献するなど国際舞台の経験豊富な選手だが、「外国のチームと戦うのは久しぶり。Jリーグとは違...    
<記事全文を読む>