「勝ってほっとしている。(2得点とも)全員で押し込んだゴールに感じたので良かった」。残留争いのライバルを下しての勝ち点3。逆転勝利の立役者となったFW金崎は、チーム一丸を強調した。

 1点を追う後半31分、ペナルティーエリア内で反転してシュートを狙うと、相手に倒されてPKを獲得。「必ず決めないといけない」と、自ら強い思いでゴール左に同点弾を突き刺した。さらにその6分後、中央でボールを受けたDF金井が倒れながら左サイドに送ったクロスに鋭く反応。ダイビングしながら執念で逆転ゴールをねじ込んだ。

 「ピッチで戦っている11人はもちろん、それ以外の選手やサポーター、チー...    
<記事全文を読む>