新加入のジョーダンマラダが華麗なデビューを飾った。後半34分に途中出場し、終了間際に劇的な決勝弾。最下位と苦しむチームの救世主に名乗りを上げた。
 1-1の後半ロスタイム2分、左サイドからのパスを中央でフリーで受ける。敵陣の守備も手薄。「チャンスだ」。後ろに束ねた金髪を揺らしてゴール前までドリブルで持ち込む。GKのタイミングをずらすように弱めに右足を振り、ゴールネットを揺らした。「ハードワークで辛抱したチームを助けられてうれしい」。笑顔があふれた。
 LAギャラクシー(米国)から今夏移籍。自らの強みを「クリエーティブなプレー」と表現し、状況を見極めた独創的なパスやシ...    
<記事全文を読む>