明治安田J1第25節第2日は31日、松本市のサンプロアルウィンなどで5試合を行い、松本山雅は大分と0―0で引き分けた。2連勝はならず、勝ち点24でJ2降格圏の17位のまま。前節を終えて勝ち点差1で16位だった鳥栖が仙台に逆転勝ちしたため、16位鳥栖との勝ち点差は3に開いた。

 松本山雅は出場停止のパウリーニョに代わり宮阪を5試合ぶりに先発起用。大分は前節から先発2人を入れ替えた。試合は大半の時間で大分がボールを保持。松本山雅は我慢強く守り、後半の立ち上がりには田中隼や高橋による波状攻撃でゴールに迫ったが、最後まで得点できなかった。

 最下位の磐田は広島に0―2で...    
<記事全文を読む>