明治安田J3第21節第2日は31日、前橋市の正田醬油スタジアム群馬などで5試合を行い、AC長野パルセイロは群馬に2―3で逆転負けした。連勝は3で止まり、勝ち点24で15位のまま。群馬は首位に浮上した。
 
 AC長野は新加入の下口が3バックの右に入った。前半48分、中盤でボールを失って縦につながれて先制された。後半は選手交代でリズムをつかむと、23分に吉村の右クロスのこぼれ球を内田が決めて同点。37分に木村のゴールで勝ち越したものの、45分にPKで追い付かれ、49分に左クロスを頭で押し込まれた。
 
 第22節は7、8日。AC長野は8日、長野Uス...    
<記事全文を読む>