野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決める3戦先勝方式のリーグチャンピオンシップ(CS)は29日、小山運動公園野球場で第4戦を行い、東地区王者の栃木GBが西地区王者の信濃に4-1で勝利。通算3勝1分けで初のリーグ王者となった。

 栃木GBは序盤から攻守がかみ合った。三回に1死二塁から内山翔太(うちやましょうた)の三塁線を破る適時二塁打で1点先制すると、五回は1死三塁から野崎新矢(のざきしんや)(大田原高出)が中犠飛を放ち、六回は2死二、三塁から原田元気(はらだげんき)の適時内野安打で追加点。八回はDH飯原誉士(いいはらやすし)の中越えソロ本塁打が飛び出した。 <記事全文を読む>