ルートインBCリーグのリーグチャンピオンシップ(CS)第4戦は29日、栃木県小山市運動公園野球場で行い、西地区優勝の信濃グランセローズは東地区優勝の栃木に1―4で敗れた。3戦先勝方式で、信濃は通算3敗1分けとなり、2年ぶり2度目のリーグ優勝を逃した。栃木はリーグ参入3年目で初優勝。

 信濃は好機をものにできず、散発3安打。二回に松井の右前打などで1死一、三塁の先制機をつくったが、後続が凡退した。六回2死二、三塁、七回無死一、二塁のチャンスも得点につなげられなかった。

 先発福地は三回に1点を許して先制されると、五、六回にもそれぞれ1点を失った...    
<記事全文を読む>