BCリーグ初優勝を決めた栃木GBの祝賀会が29日夜、小山市内のホテルで開かれ、選手たちは歓喜のビールかけに酔いしれた。

 用意されたのは下野新聞社などから贈られたビール1100本とシャンパン36本。寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督(36)の「みんな、おめでとう!」の掛け声を合図にスタートした。日本野球機構(NPB)時代にもビールかけを経験した西岡剛(にしおかつよし)(35)は「何度やってもうれしいもの。このチームで戦えたことは最高の経験」と声を弾ませた。

 主将の谷津鷹明(やつたかあき)(24)は「このチームで野球ができて最高。ここまで来たら日本一になって、栃木...    
<記事全文を読む>