野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)第3戦は28日、小山運動公園野球場で行われ、2勝して優勝に王手をかけていた東地区王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は延長十回5-5で西地区優勝の信濃と引き分けた。

 栃木GBは初回、1死二塁から西岡剛(にしおかつよし)の適時二塁打で1点先制。しかし、二回に先発の前田大佳(まえだまさよし)がつかまり3失点。六回に登板した3番手秋山陸(あきやまりく)も1点を奪われた。

 それでも3点を追う八回は代打佐藤翔(さとうかける)の中前打など3本の単打で1死満塁とし、相手投手の暴投と代打...    
<記事全文を読む>