2020年東京五輪に向けた改修工事が完了した福島市のあづま球場で28日、プロ野球イースタン・リーグ(2軍)公式戦の楽天―日本ハム戦が行われた。改修後初の試合で、楽天は本県出身の4選手が先発出場し、軽快なプレーを披露。球場には5419人の観客が詰め掛け、五輪への期待を膨らませた。

...    
<記事全文を読む>