ルートインBCリーグのリーグチャンピオンシップ第3戦は28日、栃木県小山市運動公園野球場で行い、西地区優勝の信濃グランセローズは東地区優勝の栃木と延長十回を戦い、規定により5―5で引き分けた。3戦先勝方式で、信濃は2敗1分け。残り2試合で信濃が連勝するか1勝1分けならば、追加試合(最大で2試合)を行う。

 信濃は4―1の八回、先発佐渡に代わり救援した保田が1死満塁のピンチを招くと、暴投と2点二塁打で同点に追い付かれた。延長十回はロドリゲスのソロ本塁打で勝ち越したが、抑えの平尾が2死満塁から押し出し四球を与え、逃げ切れなかった。

 第4戦は29...    
<記事全文を読む>