パ・リーグ2連覇を果たした西武の辻発彦監督(60)が27日、悲願のクライマックスシリーズ(CS)突破に向けて“所沢キャンプ”を行うことを明かした。レギュラーシーズンの全日程を終え、同日に仙台から帰京。3日間の充電期間を経て、30日からは本拠地で再始動する。

 同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。中12日で迎える10月9日からのCSファイナルステージ。昨年はキャンプ地の南郷に出向き、2軍選手中心の「みやざきフェニックス・リーグ」に出場した。実戦を重視したが、関係者が「キャンプのようなムードになってしまった」と証言するように、1軍での緊迫した試合感覚を...    
<記事全文を読む>