「ずっと心待ちにしていて、やっと呼んでもらえた」-。二十七日、マツダスタジアム(広島市)の広島戦で初めて一軍の試合を体験した中日の根尾昂選手(19)=飛騨市出身=は試合終了後、感想を聞く記者団の質問に声を弾ませた。

 惜しくも出番はなかったが、九回表2死、次の打者は投手という場面でネクストバッターサークルに立った瞬間、スタンドのドラファンからは大声援が上がり期待の大きさを見せた。

 愛知県犬山市から訪れた石原慎一朗さん(24)は「十年、二十年ドラゴンズを背負っていく選手。あせらず頑張ってほしい」。広島市の高平洋さん(46)は「正直かなり見たかったですが、来季に一...    
<記事全文を読む>