今季限りで現役引退する実松一成2軍育成コーチ兼捕手(38)が26日、札幌市内の球団事務所で記者会見し、「誇れる(個人)成績は何ひとつ残せなかったが21年間やれた。これだけは自信にしたい」と話した。

 肩や肘に痛みがあり、持ち味の守りに衰えがみられた。「これが『ボロボロになる』ということなんだと感じた。来年、ユニホームを着てプレーをしていることが想像できなかった」という。

 今後は未定としつつ、「いままで自分がしてもらったことを、これからの選手に伝えたい」と指導者になる希望を語った。

...    
<記事全文を読む>