クライマックスシリーズ(CS)出場を決めた東北楽天は26日、仙台市の楽天生命パーク宮城で今季のレギュラーシーズン最終戦となる西武戦に臨む。同球場で25日、先発予定の則本昂ら投手陣がキャッチボールなどで調整した。2軍調整中の由規も合流し汗を流した。
 則本昂は「今年もう一度ここで投げるには、日本シリーズに進む必要がある。(10月5日開幕の)CSに向けて状態を高めていきたい」と意気込みを語った。
 伊藤投手チーフコーチは則本昂について「五回にいかないくらいの、短いイニングを投げてもらう。CSに向けてコンディションを高めてほしい」と話した。

...    
<記事全文を読む>