◆ロッテ4-12西武(24日・ZOZOマリンスタジアム)

 西武が2年連続23度目のリーグ優勝を果たした。

 7月9日時点でソフトバンクに最大8・5ゲーム差をつけられながら、土俵際に追い込まれてから怒濤(どとう)の進撃。し烈を極めたマッチレースを制した。

 8月に入って2位日本ハムが急降下。入れ替わって2位に浮上した西武だったが、8月17~19日にヤフオクドーム、京セラドーム大阪で行われた首位ソフトバンク3連戦に負け越し、初のM点灯に王手をかけられた。同19日時点で西武は111試合で57勝53敗1分け(勝率5割1分8厘)。貯金4の6ゲーム差だった。<...    
<記事全文を読む>