東北楽天の松井が38セーブ目を挙げ、初のパ・リーグ最多セーブのタイトルを獲得することが確定した。「投手陣のみんながつないでくれたおかげ。支えてくれた人たちに感謝したい」と喜んだ。
 この日は4-1の九回に登板。左前打や失策などで無死満塁を招き、犠飛で1点を失った。最後も2死満塁まで追い詰められたが、牧原を中飛に打ち取り何とか逃げ切った。守護神は「気持ちが高まり過ぎてしまった。悔しい終わり方をしたので、しっかり状態を整えて、CSに挑みたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>