主力3人が抜ける逆風にも獅子はたくましかった。編成のトップに立つ渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「選手たちも主力が抜けたから弱くなったと思われるのは本意じゃない。そういう中で優勝できたのは、非常に評価に値する」と目を細めた。球団本部長に次ぐ職のシニアディレクター(SD)からGMに役割が変わっての2連覇。「やっていることは変わらないんで、あんまり変わらない」と笑った。

 今年も圧倒的な打力は健在だった。だからこそ投手力強化に目を向けた。「打撃の凄いチームと捉えられがちだけど、永続的に優勝争いをするチームをつくるには、投手を含めたディフェンスの力が大事。今は(投手が)育って...    
<記事全文を読む>