プロ野球北海道日本ハムは24日、札幌市のススキノ交差点にある「すすきのビル」壁面に、北広島市で計画中の新球場を核とするボールパーク(BP)のPR看板を掲げた。夜には照明もともし、2023年予定の開業に向け、盛り上げていく。

 縦10メートル、横20メートル。天然芝球場のイメージ図に「世界がまだ見ぬボールパークをつくろう。」「2023 PLAY BALL」のキャッチコピーを付けた。

 同様の看板は新千歳空港にも既に掲げている。道民や観光客でにぎわう場を通じて機運を高めたい考えで、「新球場に懸ける思いを共有してほしい」と球団関係者。話題は酒席でも持ちきりに...    
<記事全文を読む>