往年の高校球児が集う第9回マスターズ甲子園関東大会が23日、高崎城南球場で開かれ、利根商業高校野球部OB会が決勝で埼玉選抜を8―5で下し、本県代表が4年ぶり2度目の頂点に立った。東京、埼玉、神奈川、群馬の各都県代表が出場した。

 利根商OB会は初戦で百合丘高校野球部OB会(神奈川)に9―7で競り勝ち、決勝は大宮東高や熊谷商高の元メンバーが集まった埼玉選抜と対戦。2点を追いかける三回に4点を入れて逆転し、五回に3点を加えて振り切った。

...    
<記事全文を読む>