千葉ロッテの福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手(43)が23日、ZOZOマリンスタジアムで引退試合を行い、習志野高から入団してロッテ一筋26年間の現役生活に終止符を打った。4打席無安打だったが、好守でファンを魅了した。試合はロッテが日本ハムに6-1で勝利した。

 福浦は「7番・指名打者」で先発出場。第1打席は一回1死一、二塁で遊ゴロ、第2打席は三回無死から投ゴロ、第3打席は五回無死一塁から右飛、現役最後となった第4打席は七回無死から捕飛だった。

 快音は出なかったが、名手と呼ばれた守備で満員のファンを沸かせた。九回に指名打者を解除して定位置だった一塁の守備に就くと、...    
<記事全文を読む>