◆楽天3―5西武(23日・楽天生命パーク)

 自身が持つパ・リーグ記録を更新する80試合目の登板を果たした平井が、3点リードの8回からマウンドに上がり、三者凡退、無失点に封じた。「自分のやるべきことをやるだけだった」。悔しさを乗り越えた。

 1961年の稲尾和久が持っていた球団のシーズン登板記録を超えた21日の楽天戦は、1点リードの8回に登板し、1死しか奪えずに自己ワーストの5失点。「同じことはしないように、という意識だった」。味方が3点を勝ち越した直後の大事な場面で、気持ちを切り替えて投げ抜いた。

 球界としては2005年の藤川(阪神)に並ぶ歴代2...    
<記事全文を読む>