◆楽天3-5西武(23日・楽天生命パーク)

 この日は「秋分の日」だった。雨上がりのグラウンドをなでる涼やかな風と裏腹に、2連敗中だった西武ナインを取り巻く空気は、試合終盤まで重かった。

 楽天先発は元同僚の岸。初回の好機はライナーゲッツーでつぶれ、3回の好機も走塁死で消えた。直後に外野守備で失策が出て無死三塁のピンチ。相手にもミスが出て、辛くも切り抜けるという展開だった。

 4回に四球絡みで満塁とし、山川の2点打で先制。それでも7回、好投の本田がブラッシュに同点2ランを浴びた。2位ソフトバンクは他球場で大量リード。西武は引き分けでもM消滅、ソフトバ...    
<記事全文を読む>