涙腺が決壊しそうだった。今季限りの引退を決めている田中賢が、ライバルの温かい計らいに感激した。試合後、ロッテファンの「賢介コール」が響き、チームメートだった岡とレアードから花束を贈られた。

 予期せぬ演出に驚き「岡が号泣していて、(涙を)もらいそうになった。かわいがっていた後輩の一人だったので、くるものがあった」とほおを緩めた。

 19日の西武戦以来、4試合ぶりに「6番・DH」でスタメン起用されると、存在感を示した。無得点に抑えられていた石川を七回に攻略。初球を振り抜き、右翼線へ二塁打を放った。続く清宮の中飛でタッチアップし、石井の左前打で生還。ベテランが先陣を...    
<記事全文を読む>