徳島インディゴソックス(前期優勝)は23日、JAバンク徳島スタジアムで行われた四国アイランドリーグplus(IL)の年間総合優勝を決めるチャンピオンシップ(CS)第3戦で愛媛(後期優勝)との最終決戦に臨み、最優秀選手(MVP)に選ばれたエース竹内の好投もあって4-2で競り勝った。徳島の年間総合Vは2年ぶり5度目。
  
 徳島は2年ぶりの独立リーグ日本一を目指し、ルートインBCリーグの総合優勝チームとグランドチャンピオンシップ(GCS)で対戦する。GCSは10月5、6日の第1、2戦がBCリーグの球場で行われ、12~14日の第3~5戦は徳島のホームゲームとなる。 <記事全文を読む>