「福浦選手、ありがとう。お疲れさま」。26年目の今季限りでプロ野球選手生活に終止符を打つ千葉ロッテマリーンズの福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手(43)の引退試合が23日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで行われた。福浦選手は「7番・指名打者」で先発出場。無安打に終わったが、習志野市・習志野高出身のスターに満員の観客から大歓声が送られた。

 スタンドを白く染めたファンは、打席に立つ福浦選手を背番号「9」が印刷されたボードを掲げて迎えた。物心ついたときからファンという神奈川県の大学生、小野瀬達哉さん(18)は「福浦選手の引退試合は生で見たい」と球場に駆け付けた。チームはまだ...    
<記事全文を読む>