◆楽天2-5西武(23日・楽天生命パーク)

 西武が競り勝って連敗を「2」でストップさせた。優勝マジックを「2」とし、2年連続23度目となるリーグ優勝に王手をかけた。

 初回、安打の秋山を源田が初球送りバントで進め、続く森が中前打かと思われたが遊直で併殺。3回は1死から木村が二塁打も、金子侑の投ゴロで三塁を狙ってアウトとなるなど、楽天先発の岸を攻めあぐねた。

 それでも4回、森の内野安打を足掛かりに中村、外崎の連続四球で満塁とし、山川の中前打で2点を先制。投げては先発の本田が6回まで2安打無失点の好投を見せた。

 ところが本田は7回1死か...    
<記事全文を読む>