永川が引退試合に臨んだ。先発のマウンドに立ち、大島を一ゴロに打ち取った。「最後は自分の投球をして、結果はどうあれ踏ん切りを付けたい」と話していた通り、左脚を高く上げるフォームから投じた3球は全て直球で141キロ。マウンドでナインと笑顔でハイタッチをかわし、2番手の大瀬良にボールを手渡し、後を託した。

...    
<記事全文を読む>