負けられない一戦で東北楽天の主砲浅村が真価を発揮した。
 3-2の五回1死一塁。先発榎田のスライダーを豪快に振り抜くと打球は左中間スタンドへ飛び込んだ。「甘い球が来たら打とうと思っていた」と淡々と振り返ったが、実は期するものがあった。
 1点リードの二回1死一、二塁で、三ゴロの送球を二塁で受けてアウトを一つ取ったところまでは良かった。が、併殺を狙った一塁への送球は高くそれ(記録は失策)、二走の生還を許し同点に。「バシ(石橋)に悪いと思って…。とにかく何とかしたかった」。力投する先発右腕に迷惑を掛けた分をバットで取り返してみせた。
 これで終わ...    
<記事全文を読む>